世の中のWEB制作料金は高い。高すぎる。

こんにちは。WEBもできるフリーランス人事、おはるです。

さて、今回の記事は世のWEB制作会社を敵に回しかねないタイトル。。

ですが、炎上・批判覚悟で書きます。

WEB制作に対する不満が募りに募っていた時代の話

オハルラボで採用サイト制作のサービスを始める前、不動産会社でOLをしていた時代はWEB制作会社に仕事を依頼する側の人間でした。

実際に、新規ホテルの立ち上げの際は公式ホームページの担当者として、各WEB制作会社相見積もりを取って、社内コンペをして制作会社を決定する・・・という実務をしたこともあります。

その業務を通して感じていたこと。

それは、

「ホームページ作るのって高っっっっ!!!!!」

⇒ホテルの公式HP・オリジナルデザイン・15ページ前後で280万円弱(撮影費用含まず)

「見積りの中身をみても素人にはよく分からない・・・」

⇒ディレクション費?コーディング費?Javascript組み込み費?・・・これ全部ほんとにいるの?(笑)

「他社を引き合いにして交渉したら何十万と一気に下がる」

⇒WEB制作の相場なんてあってないようなもの。最初の見積りはなんだったの?という不信感

さらに、出来上がったホームページは企業の担当者が自分で更新できる仕組みをWordpressで構築してくれていたのですが、実際に操作してみると・・・

「あれ?テキスト入力はできるけど、目だたせたい部分を太字にしたり、リンク貼ったりはできない・・・不便( ;∀;)」

という事態が。。

なんでそんなことになっているのかというと、コーディングが崩れると困るという理由で顧客側で編集できる部分はすごく限定されているようでして。。

仕方がないのでWEB制作会社に修正依頼をしても変更されるまでに時間がかかり、イライラ。

高いし、なのにいまいち使い勝手が悪いし・・・

でもこれが当たり前で、仕方がないことなのかな~と思っていました。

WiXを使ったら、そんなモヤモヤ・イライラがすべて解消!?

次に転職した先では起業したての会社だったので、経費節約のためにホームページを自分で作らなければならず、わたしがホームページを自力で作ることに。でもHTMLやコーディングの知識なんて全くなし。

そんなときに出会ったのがWiXでした。

WiXってなに?という方はまずはこちらをどうぞ⇒https://www.oharulab.work/aboutwix

【WiXの特徴】

・ドラッグ&ドロップでデザインが構築できて、コーディングはWiXのシステムが自動でやってくれる ⇒制作した後はお客さんが自分で編集・更新していくことが可能♪

・お問合せフォーム、予約システムの設置も一瞬で完了

・アニメーションも簡単につけられるので、動的なページ制作が可能

・スマートフォン版サイトにも対応

これらのことがぜーーんぶ、無料で、しかも専門的な知識なしで出来るのです。

しかも、私の制作実績をぜひ見て頂きたいのですが、一般の人が見る限りではWordpressやHTMLで構築したWEBサイトと遜色ない仕上がり。

今までWEB制作会社からもらってた見積り書のなかの、

「お問合せフォーム設置費用 7万円」を鵜呑みにしてた、あれはなんだったの!?と。

まあたしかに、HTML構築やWordpress構築でお問合せフォームを設置すると、7万円分の手間がかかるのかも知れません。

でも、WiXなら5分あればほぼ同様のクオリティのお問合せフォームが設置できるわけです。

5分で7万円・・・と思うと震えるくらい高いですね。

他にも、よくWEB制作会社がオプション料金として出している

「スライドショー設定費用 1万5000円~」

「Facebook連携 5000円」

「Instagram連携 5000円」

「ブログ設置費用 15万円」

・・・WiXならすべて10分あれば同様のものが設定できます。

↑の何十分の一の費用で十分でございます・・・。

というわけで。

そんな世の中のWEB制作の常識を覆すようなWiXというサービスを使ってコーポレートサイトをいくつか制作しました。

その後、

おはる
こんな便利なもの、もっと世の中に広めないともったいないやないかい!!!

という想いと

おはる
中小企業の人手不足問題を解決するには採用サイト制作が有効だ!⇒詳しくはこちらをどうぞ^^

という想いから、「安価でハイクオリティの採用サイト制作専門」のOHARU LAB.(オハルラボ)がスタートしたわけです。

ですのでオハルラボではお手軽プランなら18万円からという格安価格でサイト制作を承っているわけですが・・・

実はWiXを使っているという他にも、格安で出来る理由があるんです。

理由1

大手企業になればなるほど、「WEBデザイナーやWEBディレクター以外の総務や経理の社員の給与」「オフィス賃料」なども価格に上乗せされてくる

⇒オハルラボならフリーランスのためほぼ経費がかからない⇒純粋なサイト制作費用のみ

理由2

通常のWEB制作会社では、見積りの中に営業マンとディレクターとデザイナーが社内で打ち合わせする時間もサイト制作の工数として含まれている。

WEBデザイナーのこだわりが強いWEB制作会社は、ディレクターとの意見がなかなかすりあわず社内調整の時点で大変ということも・・・

⇒オハルラボでは私が営業マン&ディレクター&デザイナーなので、お客様との意思疎通もしやすく時間も短縮できる。

理由3

著作権法的に、WEBデザイン=レイアウトという定義になっているので、他社のWEBデザインをある程度真似しても著作権侵害にあたらない。

「レイアウトと配色」は著作権外?
著作権とは「思想や感情を創作的に表現したモノ」に与えられます。そして法律上、Webのレイアウトと配色は「その創作物を表現するための手法」として位置付けられているのです。つまり配置や配色は、単なる「手段にすぎない」ということ。異論もあるとは思いますが、このルールのおかげで「Webデザインの配置・配色の訴訟だらけ」という混乱や悪だくみが生じない抑制にもなっています。(アクトハウスさん記事より抜粋⇒https://acthouse.net/copyright/

なので、サイト内のイラストとかは丸パクリしてはだめですよ!

あくまで配置や配色のみという構成の部分ということですね。

ただ、実際にはサイトのデザインって配置や配色で大体決まると思うんです。

だから、たぶん。たぶんですけど

「オリジナルデザイン」という銘打ってるWEB制作会社さんも他社のサイトデザインを結構参考にしながらデザインを作ってきてると思うんですよね。

それなのに世界で唯一のデザインであるかのように高いデザイン料を取るのはなんだかなぁ・・・という気もしてしまいます。

なのでオハルラボではデザイン料は別途頂きませんが、そのかわり他社のサイトをかなり参考してデザインを行っています!

・・・

と、このような理由で、通常のWEB制作会社さんとは違う考えでサイト制作をしておりますので、格安でのWEB制作が実現できています(^^♪

まあ、私もビジネス的には素人ですので「そんな考え方じゃ会社としての利益が出ない」とか、WEB制作会社さんからすると間違った考えかもしれませんが・・・

根本にあるのは「中小企業の人材不足を解決したい」

「そのためには採用サイトを気軽に作れるサービスを提供したい」

という想いで仕事をしています。

なので、安かろう悪かろうということではありません。

受注したら1社1社全力で、想いを込めて制作させて頂きます。

ただし、ブラック企業はお断りしておりまして、優良中小企業様からのみお仕事を受けております。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

それでは、今回はこのへんで!

お問合せはこちらから♪